ふくの歯科

歯周病

歯周病Clinic


従来までの対症療法ではなく、
原因療法で歯周病を「根本から改善」。


やってみよう!歯周病セルフチェック

歯周病は、自分で気付かないうちに進行してしまう恐ろしい病気です。
以下の項目の中で、当てはまるものをチェックしてみましょう。

1つでも当てはまったら、歯周病の可能性があります。
歯周病はそのまま放置すると、歯を失うことになるかもしれません。
気になる方は、重症化する前に一度相談にいらしてください。
歯周病の検査*を受けることをお勧めします。

歯周病セルフチェック

*歯周病の検査は保険適応です

どうして歯周病になるの?

日本人の成人の8割以上が歯周病と言われています。
毎日きちんと歯を磨いているのに、なぜ多くの方が歯周病にかかってしまうのでしょう?

実は、『歯を磨いたつもりでも、磨けていない』現実があります。

この『磨き残し』こそ歯周病の直接的原因なのです。

歯と歯ぐきのあいだに入り込んだ歯周病菌が、この“磨き残し”をエサに活発化し毒素を出して、歯ぐきの炎症を引き起こします。
空気にふれず、温かい歯と歯ぐきのあいだは歯周病菌にとって絶好のすみか。放っておくとどんどん繁殖し、歯ぐきの奥へ奥へと侵攻し、最終的には歯を支える骨まで溶かしてしまいます。

ただ歯周病になったからといってすぐに骨が溶けるわけではありません。
自分の歯ぐきの状態に早めに気づければ、進行を食い止めることができます。
歯周病の初期は自覚症状がありませんので、こまめなセルフチェックと定期的な歯科受診が必要になります。

歯周病になりやすい人はどんな人?

『口の中の環境』『生活習慣』の2つが大きく関係しています。

口の中の環境 生活習慣
磨き残しが多い 喫煙
歯ぎしり、くいしばりがある 疲労、ストレス
かみ合わせが悪い 乱れた食生活
乾燥(唾液量低下、口呼吸) メインテナンスを受けていない
歯に合っていない被せ物がある  

歯周病の治療法

当院の歯周病の治療は、大きく分けて以下の3つになります。

1
精密検査を行い、口の中の歯周病菌を徹底的に減らす
2
効率の良いブラッシング方法をマスターしてもらう
3
かみ合わせを調整する

❶歯周病の患者数は未だかつて減ったことはありません。

それは歯周病が歯周病原因菌による「感染症」であるということをきちんと理解していないからかもしれません。
いくら歯垢や歯石を除去したとしても歯周病は良くなりません。歯周病は「感染症」ですので、そもそもの原因となっている「歯周病菌」へのアプローチが必須となるためです。
当院では、細菌へのアプローチを徹底するため、従来からあるレントゲン検査、歯周ポケット検査、生活習慣の問診に加え、ケースによっては唾液検査、位相差顕微鏡を利用した細菌検査を行うことで歯周病の進行状態を把握します。

これらの検査結果をもとに患者様一人ひとりの身体に合った歯周病治療を計画することが当院の歯周病治療の特徴です。

➋治療だけでは歯周病菌を減らすことはできません。

なぜなら、治療によりいくら歯周病菌を取り除いても、歯周病菌をゼロにすることはできないのです。治療後の口の中に残ったわずかな歯周病菌は、食事をするたびに増殖します。普段の歯磨きで、歯周病菌の増殖を抑えないといけないのです。
そこで当院では、『歯周病菌を効率よく取り除く歯磨きの方法をご指導する』ということに力を入れています。

歯周病菌をできるだけ減らすために、私どもと患者さんの双方が治療をしていくのです。

❸歯周病が進行すると、歯を支えている骨がどんどん溶けて破壊されていきます。「力一杯噛めない」のは、骨が弱っている証拠。骨が噛む力に耐えられず悲鳴を上げている状態なのです。
この状態を放っておくと、噛む刺激でさらに骨の破壊が進んでしまうため、歯周病がさらに悪化し、最終的には歯を失ってしまいます。こうならないためには、骨にかかる噛む刺激を分散させてやらなければいけません。

そこで、かみ合わせの調整を行って、骨にかかる負担を分散させるのです。具体的には歯を何本か横につないで、一本一本にかかる力を分散させたり、噛む力を支えやすいように歯の形を整えたりします。

必要に応じて噛み合わせの調整を行うことで、歯周病の進行を抑えることができるのです。

歯周病の予防法

歯周病を予防するためには、
『口腔内を清潔にするための正しいホームケア』
『生活習慣の改善』
『定期的なメインテナンス』
の3つが不可欠です。

①ブラッシングによるお口の中の清掃(プラークコントロール)により歯周病の原因であるプラークや歯周病菌を取り除くことが必要です。
また、歯ブラシだけでは磨きにくい奥歯や歯間部のプラークには、デンタルフロスや歯間ブラシ、液体ハミガキや洗口液の使用が有効です。

②生活習慣は、重要な危険因子なので、タバコを吸う、疲労やストレスをためる、よく噛まずに食べる、間食が多い、つい夜ふかしをしてしまう、ということが続かないように気をつけましょう。
さらに、歯周病は全身疾患(糖尿病、心筋梗塞、脳卒中など)とも深い関係がありますので、「歯周病=お口の中の病気」という認識ではなく、「歯周病=命に関わる場合もある」という認識の転換が必要です。

③クリーニングで除去したバイオフィルムは3か月もすると歯表面にたっぷり堆積して再形成されますので、3か月、どんなに遅くとも6か月に一度は、歯科衛生士によるプロのクリーニングを受けることをお勧めします。
『3か月=季節ごと』と思っていただくと、良いかもしれません。

歯周病について知っておいていただきたいこと

◆歯周病は、歯周病菌による(バイオフィルム)感染症です。
◆慢性疾患であり、コントロールはできますが、完全な治癒はむずかしいのが現状です。
◆歯周ポケットから歯石、プラークを完全に除去することは、組織・細菌学的には不可能です。
◆歯周治療後のポケットは、メインテナンスをしなければ再び感染します。

患者さんへのお願い

歯周病は、歯科医師や歯科衛生士の力だけ治せる病気ではありません。

『先生なんだから、どうにか治してよ』
このように言われても、残念ながら私どもの力だけでは治せないのです。
歯周病のそもそもの原因は、患者さんの歯磨きや生活習慣にあります。そのため、歯磨きや生活習慣を改善していかないことには、私どもがどんなに一生懸命治療をさせていただいても完全に治すことはできません。
このことをご理解いただいた上で、
『歯周病を治すために自分でできることは頑張る』
というお気持ちをお持ちでしたら、非常にうれしく思います。
どうぞ当院にご相談ください。

  • 料金表
  • よくある質問

ふくの歯科・矯正歯科

042-741-8080
〒252-0314
相模原市南区南台6丁目19−7
「小田急相模原駅」北口より徒歩7分
診療時間
9:00~13:00
14:30~18:00
  • ‥ 土曜、日曜の午後は14:00~17:00
  • ‥ 日曜は月1回のみ診療(主に第2週)
  • ‥ 日曜診療の翌日月曜は振替休日
  • 診療科目 一般歯科・小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科
GOOGLE MAP で見る
ページトップ

© FUKUNO DENTAL CLINIC