ふくの歯科

予防歯科

予防歯科Preventive Dentistry

「治す」から「守る」時代へ
むし歯、歯周病にならない・させない取り組みを行っております

歯科医療の現状

これまでの歯科医療は、悪くなったところを削って詰めるといった外科的な治療が主流でした。
しかし、この方法では生涯にわたって歯を守りきれないことがわかり、歯科医療は転換期を迎えています。治療してもその後のトラブルにより平均10年ももたないことも報告されています。
歯は一度削られてしまうと弱く脆くなり、再治療のリスクを背負ってしまうのです。人生100年時代を迎えた今、健康な歯をできるだけありのままの姿で残すことが歯を守る最良の方法であることがわかってきています。歯科医療は、歯を少しでも良い状態で残しながら、できるだけ欠損の時期を遅らせるようにマネジメントしていく方向へと向かいつつあります。

当院の「予防」に対する考え方

「歯医者は、痛みが出たり詰め物が取れた時に行くところ」
このようにイメージもしくは実践されている方は多いと思います。
しかし、そのようなかかり方をしていると、思った以上に歯の状態が悪くなっていることも多く、治療が長引いて大がかりになってしまうこともあります。
歯を治してもらいに行くつもりが、結果的に歯を抜歯しなくてはいけなくなることだってあります。

このような歯科のかかり方は、果たして患者さんにとって「幸せ」でしょうか?

患者さんにとっての幸せは「生涯自分の歯で過ごすこと」「今ある歯を1本でも多く残すこと」ではないでしょうか?

そのためには、歯の二大疾患である「むし歯」と「歯周病」をなるべく早いうちから予防していく必要があります。むし歯と歯周病はその原因がわかっています。原因がわかっているからこそ予防できるのです。
ただ、むし歯・歯周病になってしまった方も決して遅くはなく、あわてる必要はありません。

悪くなってしまったところを元の状態に戻すことはできないですが、可能な限り原状回復し、症状の悪化を防ぎ、改善した状態を維持することは十分に可能です。

患者さんは治療を終えると、「もう治ったから大丈夫」と安心されると思いますが、実は治療した歯というのは、継続的なメインテナンスが必要になります。歯は毎日使うものですから、メインテナンスは欠かせません。

「私はしっかり歯磨きをしているから大丈夫」と思われる方も多いと思いますが、自分で落とすことができる汚れは、最大でも歯垢全体の65%と言われています。残りの35%強の汚れは、歯科医院で行うプロのメインテナンスでしか落とすことができないのです。

ふくの歯科 矯正歯科では、「むし歯」「歯周病」にさせないようサポートしていくことを根幹に据え、仮になってしまっても歯をできるだけ長持ちさせる最適な治療を行い、一旦治療が終了したら「歯を治す」場所から「歯を守る」場所になることで、患者さんのお口の健康を継続して守っていく、そのような取り組みを実践しております。
「悪くなってから通院するのではなく、悪くならないために通院することで、生涯自分の歯で食べられるんだ」ということを是非ともご理解いただきいと思っております。

「予防歯科」で大切な3つのこと

むし歯と歯周病の原因は、細菌のかたまりである『バイオフィルム』です。
むし歯と歯周病を予防するには、『その原因を除去し、再発を防ぐ』、という医学的に当たり前の考え方に基づいた診査、診断、診療が非常に重要になります。
ただ残念ながら歯科医師、歯科衛生士の力だけで予防はできません。
そもそもの原因が、患者さんの歯磨きや生活習慣にあるからです。
ですから、患者さん自身にもお願いしたいことがあります。

『正しいホームケアの励行』
『生活習慣の改善』
『定期的なメインテナンス』
大きくこの3つになります。

正しいホームケアの励行

『歯科医院に定期的に通っていれば、むし歯にはならない」は残念ながら間違いです。
年に4回(3ヶ月ごと)にメインテナンスを受けていたとしても、1年365日のうちの4日でしかありません。メインテナンスで除去したバイオフィルムの定着を防ぐためにも、残りの361/365日のホームケアが重要です。

歯は毎日使うものです。患者さん自身が自分の歯に関心を持ち「自分の歯は自分で守っていく」という意識のもと、家庭でケアを行うことが何より大切です。
適切なホームケアの方法についてはコチラをご参照ください。

生活習慣の改善

むし歯や歯周病は生活習慣病といわれています。
本気で予防に取り組むのであれば、喫煙、多量の飲酒、歯磨き不良(回数、時間、やり方)、歯間清掃用具の不使用、食習慣(間食が多い、糖分の取りすぎ)、は改めたいところです。

定期的なメインテナンス

むし歯と歯周病の原因であるバイオフィルムは、3~4ヶ月で形成されるといわれています。したがって、当院では「3ヶ月に1度のメインテナンス」をおすすめしています。歯科衛生士がバイオフィルムを破壊、除去し、口腔内の健康を維持するための継続的な管理を行っていきます。

予防歯科の良点

1)自分の歯が残る
予防歯科の最大のメリットです。
定期的なメインテナンスで、むし歯や歯周病の原因である歯垢バイオフィルムを除去することによって、歯の健康寿命を伸ばすことが可能です。
生涯にわたり自分の歯で食事を楽しむことができます。
したがって、入れ歯やブリッジ、インプラントといった歯の欠損を補う治療が不要、もしくは最小限に抑えられます。
実際、予防歯科の普及している諸外国では、日本の高齢者の1.5~3倍以上の本数の「自分の歯」を維持し続けているというデータがあります。

2)むし歯・歯周病を未然に防ぐ
予防歯科では定期的にメインテナンスに来ていただき、口の中をチェックして必要なケアや指導を行います。
むし歯や歯周病は1日2日で大きく進行することはなく、ゆっくりと時間をかけて進行していきます。
むし歯や歯周病が進行する前の段階で異常を発見し、深刻化する前に手を打つので、むし歯や歯周病を防ぐことができます。

3)治療の時、痛くない
予防歯科では、むし歯や歯周病が重症化する前に手を打ちます。
重症化した際の治療と、まだ軽症の時の治療とでは、どちらが簡単で体へのダメージが少ないでしょうか?
むし歯や歯周病が進行した状態よりは、簡単な治療で完治が可能です。
当然ながら、痛みは最小限ですみます。

4)全身の健康につながり、生活の質を向上することができる
食べられる楽しみは、実は人生のさまざまな楽しみの中でも大きなウエイトを占めます。
楽しく食べられる人ほどQOL(クオリティ・オブ・ライフ)が高いという研究結果も報告されています。
健康な歯でものをしっかり噛むことは、筋肉の衰えを防ぎ、脳の機能を向上させます。
噛むことで、顎だけでなく頭や首の筋肉を動かして血液の循環をよくし、これによって脳の細胞が刺激を受け活性化されて老化を防ぐのです。

また、よく噛めることで唾液の分泌が促進されます。
大量の唾液が細菌を洗い流し、むし歯・歯周病を予防します。
消化酵素アミラーゼがでんぷんを分解し、消化吸収を助けます。
味覚が敏感になり、食べ物の味がよくわかるようになります。ペルオキシターゼ等の酵素が食品中の発がん性物質を抑えます。インフルエンザなどの感染症の重症化を防ぐことができます。

5)治療費用を節約できる
予防歯科では「むし歯でもないのに歯医者に行くのはお金がかかるのでは?」と思われるかもしれません。
しかし、本格的にむし歯や歯周病の治療を行う場合には短い期間に何度も通院しなければなりません。
そうなると、それだけ多くのお金も時間も必要になります。

予防歯科の目的で定期検診を受けられる場合は3か月から6か月に1回の通院で済みますので、お金も時間もそこまでかかりません。
かかるお金と時間に対する「歯の健康を維持できる」という費用対効果の面でも、予防歯科は圧倒的に高いコストパフォーマンスを誇ります。
「生涯自分の歯で咬める」ということに価値を見いだしていただければ、決して高い投資ではありません。

当院の予防歯科の流れ

診療の流れ(状況により順序が入れ替わる場合、省略する場合があります)

①問診票ご記入

受付で保険証、お薬手帳、医療券などをご提示ください。
その後、問診票をお渡ししますので、ご記入下さい。

②簡単な問診を行います。

問診票をもとに、症状や経緯、お口の中のお悩みをお伺いします。

③症状に応じた検査を行います。


的確な診断を行うため、レントゲン撮影を行います。

また現在の歯、歯茎、かみ合わせの状態を記録するために、口内の写真を撮影します。

唾液検査も行っております。

④検査結果の説明

現在のお口の中の状態、むし歯・歯周病のリスクがどれ位あるのか、どういった予防法が必要なのか、また今後どういった処置を行っていくのか、などを詳しくご説明します。

⑤初期治療

検査結果から得られたリスクや患者様のお口の状態に合わせたブラッシング指導、クリーニングを行います。

⑥治療

治療内容をご理解いただくことが治療の第一歩です。
治療方針を話し合い、患者様がご納得する治療を行っていきます。

⑦メインテナンス

治療が終了したら、それでおしまいではなく、定期メインテナンスに移行します。

予防歯科Q&Aはこちら

  • 削らない虫歯治療
  • 歯を失ってしまった方
  • 保護者の方へ
  • 料金表
  • よくある質問

ふくの歯科・矯正歯科

042-741-8080
〒252-0314
相模原市南区南台6丁目19−7
「小田急相模原駅」北口より徒歩7分
診療時間
9:00~13:00
14:30~18:00
  • 土曜、日曜の午後は14:00~17:00
  • 日曜は月1回のみ診療(主に第2週)
  • 診療科目 一般歯科・小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科
GOOGLE MAP で見る
WEB予約WEB予約
ページトップ

© FUKUNO DENTAL CLINIC