ふくの歯科

歯科医紹介

歯科医紹介Doctor

福野 直人 福野 直人

院長

福野 直人

Fukuno Naoto

歯学博士

ふくの歯科・矯正歯科のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
幼少期を過ごした、ここ小田急相模原で歯科医院を開院しました。

大学卒業後、大学院で補綴歯科学(ほてつしかがく)を専攻し、臨床・研究に携わりました。補綴歯科学とは、(虫歯や歯周病などで)歯を失った結果起きる、かみ合わせ能力の低下、審美不良、発音機能の低下という問題を、人工の歯で補うことで改善していく治療分野です。人工の歯は具体的には、自分の歯を削ってかぶせ物を装着するブリッジや、取り外しが出来る入れ歯、チタン製の人工歯根を埋め込むインプラントの3種類があります。『歯を失った後どう治療するか』総合的に分析し、多くの患者さんの治療にあたってきました。

適切な診査・診断に基づいて精密に作られたかぶせ物や入れ歯は、口内で半永久的に長持ちします。しかしながら、一般的にかぶせ物や入れ歯は手作業で作るため、実際の歯や歯茎との間にわずかながらすき間ができやすいことが問題で、時間が経過するにつれて、すき間が広がったり、傷がついたりして虫歯を作ったり、歯周病を誘発する原因となりやすいことがわかってきています。当然のことですが、歯を削らない、失わないに越したことはないのです。

『日本人の平均寿命である約80歳までに、健康的な自分の歯を何本保つことができるのか』、歯科医療の本質はこれに集約されると思います。

歯科医療の目的は、口内の健康を生涯に渡って守り身体の健康を維持することです。しかしながら、患者さまの中には口内に問題がある時にだけ受診される方も少数ながらいらっしゃいます。こういった 歯科医院の掛かり方は、一見患者さまにとってみれば便利で満足する診療かと思われますが、結果的に将来多くの歯を失う原因となっていることが分かってきています。歯を失う原因は、ほとんどの場合が虫歯と歯周病で、現在虫歯と歯周病の予防法は確立されています。防げる病気なのです。自分の口内のリスクを知った上で、自覚症状が出ないよう歯科医院に定期的にかかるのが理想的です。

私たちの仕事は『歯を治すこと』はもちろん、『歯を守ること』です。

私たちは、患者さまが健康で幸せに年齢を重ねるために必要な『最善の治療』と、生涯にわたって歯を確実に守る『メインテナンス』を提供し、生涯自分の歯で食べられるようにサポートしていきます。口腔内の健康管理をお任せいただければ、うれしく思います。

2006年 徳島大学歯学部卒業
  東北大学病院附属歯科医療センター臨床研修歯科医
2011年 東北大学大学院歯学研究科 口腔システム補綴学分野博士課程修了(歯学博士)
2011年 東北大学大学院 非常勤講師
2011年 
医療法人社団スマイルクリエイション桜台歯科クリニック勤務
2016年 ふくの歯科 矯正歯科 開院

学位・資格

  • 歯科医師免許、歯学博士(東北大学 第570号)
  • 日本歯科人間ドック学会 認定医(第524号)

所属学会

  • 日本補綴歯科学会
  • 日本歯科人間ドック学会

論文・学会発表

  1. Naoto Fukuno, Hiroyuki Matsui, Yoshiaki Kanda, Osamu Suzuki, Kunihiro Matsumoto, Keiichi Sasaki, Takayasu Kobayashi, and Shinri Tamura
    TGF-b-ACTIVATED KINASE 1 MEDIATES MECHANICAL STRESS-INDUCED IL-6 EXPRESSION IN OSTEOBLASTS
    Biochem Biophys Res Commun, 2011 May 6;408(2):202-7
  2. Matsui H, Fukuno N, Kanda Y, Kantoh Y, Chida T, Nagaura Y, Suzuki O, Nishitoh H, Takeda K, Ichijo H, Sawada Y, Sasaki K, Kobayashi T, Tamura S.
    The expression of Fn14 via mechanical stress-activated JNK contributes to apoptosis induction in osteoblasts.
    J Biol Chem. 2014 Mar 7;289(10):6438-50
  3. Naoto Fukuno, Hiroyuki Matsui, Osamu Suzuki, Keiichi Sasaki, Takayasu Kobayashi and Shinri Tamura
    TAK1 is activated by mechanical stress loading to pre-osteblastic cells
    Proc.MHS. 383-384.2009
  4. Hiroyuki Matsui, Naoto Fukuno, Keiichi Sasaki, Osamu Suzuki, Takayasu Kobayashi and Shinri Tamura
    Loading of Mechanical Stress to Osteoblasts May Induce Cytokine Cross Talks between Osteoblasts and Monocytes/Macrophages in a JNK/p38-dependent Manner
    Proc.MHS.379-380.2008
  5. Hiroyuki Matsui, Naoto Fukuno, Keiichi Sasaki, Osamu Suzuki, Takayasu Kobayashi and Shinri Tamura
    The Magnitude and Duration of Cyclic Stretch Affect JNK and p38 Activation in MC3T3-E1 Pre-Osteoblastic Cells
    Proc.MHS.183-186.2007
  6. 松井裕之、福野直人、神田佳明、鈴木治、小林孝安、田村眞理骨芽細胞におけるメカニカルストレスセンサー分子
    第10回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演論文集1663-1664 2009
  7. Hiroyuki Matsui, Naoto Fukuno, Osamu Suzuki, Kohsuke Takeda, Hidenori Ichijo, Takayasu Kobayashi, Shinri Tamura, and Keiichi Sasaki
    Mechanical stress modulates bone remodeling signals
    Interface Oral Health Science, 129-132, 2009
  8. Naoto Fukuno, Hiroyuki Matsui, Osamu Suzuki, Takayasu Kobayashi, Shinri Tamura and Keiichi Sasaki
    TAK1 is activated by mechanical stress loading to pre-osteblastic cells
    2nd Meeting of the IADR Pan Asian Pacific Federation (PAPF)1st Meeting of the IADR Asia/ Pacific Region (APR) (September 22-24, 2009, Wuhan, China)
  9. Naoto Fukuno, Hiroyuki Matsui, Osamu Suzuki, Keiichi Sasaki, Takayasu Kobayashi and Shinri Tamura
    Mechanical stress induces the activation of TAK1 and its downstream pathways in pre-osteoblastic cells
    MHS2009 & Micro-Nano Global COE (November 8-11, 2009, Nagoya, Japan)
  10. Naoto Fukuno, Hiroyuki Matsui, Yoshiaki Kanda, Osamu Suzuki, Takayasu Kobayashi, Shinri Tamura and Keiichi Sasaki
    Transforming growth factor-b is activated by mechanical stretch, leading to the enhanced expression of IL-6 mRNA via JNK, p38 and NF-kB pathways in osteoblasts
    The 4th International Symposium for Interface Oral Health Science (May 7-8, 2011, Sendai, Japan)
  11. 福野直人、松井裕之、神田佳明、佐々木啓一、小林孝安、松田村眞理
    骨芽細胞のメカニカルストレス応答シグナル伝達機構におけるTAK1の役割
    第133回東北大学加齢医学研究所集談会(平成22年1月29日、仙台)
  12. 福野直人、松井裕之
    メカニカルストレスと骨代謝
    第7回生化学セミナー(平成20年11月21日、仙台)
  13. 福野直人、松井裕之、鈴木 治、佐々木啓一、石谷太、松本邦弘、小林孝安、田村眞理
    TAK1 is activated by cyclic mechanical strain loading to pre-osteoblastic cells.
    第32回日本分子生物学会年会 (平成21年12月9-12日、横浜)
  14. 福野直人、松井裕之、神田佳明、鈴木治、小林孝安、田村眞理、佐々木啓一
    メカニカルストレスによる骨芽細胞シグナル伝達路活性化メカニズムの分子生物学的解析
    第120回日本補綴歯科学会学術大会(平成23年5月20-22日、広島)
福野 佐知子 福野 佐知子

副院長

福野 佐知子

Fukuno Sachiko

日本矯正歯科学会認定医
歯学博士

矯正歯科を担当させていただく、副院長の福野佐知子と申します。歯列矯正を専門とする日本矯正歯科学会認定医として研鑽を積んで参りましたので、お子様から大人の方まで、見た目だけでなく機能も考えた矯正治療を、最適な形でご提案していきたいと思っております。

歯列矯正は、未来の自分や愛するお子様への『最高の医療投資の一つ』です。その美しく機能性に優れた歯並びは一生輝き続けることでしょう。歯列矯正は『究極の予防歯科』でもあるのです。

しかし、患者さまそれぞれで、歯並びに対する価値観は異なっています。また費用などの心配もあるかと思います。私は、自身も矯正治療を受けた経験から、患者さま一人一人の価値観やご要望を最大限尊重した治療をご提案していきたいと考えております。

歯は、毎日使うものですし、一生付き合っていくものです。そのため、患者さまが望む『ゴール』を一緒に考え、『やって良かった』と思える歯列矯正をご提供できればと思っております。

ぜひお気軽に、皆さまの歯並びについてのお悩みをお聞かせください。

2005年 東北大学歯学部卒業
2009年 東北大学大学院歯学研究科 顎口腔矯正学分野 博士課程 修了
2009年 東北大学大学院 非常勤講師
2010年 東北大学病院研修登録医
2011年 都内矯正専門歯科医院勤務
2016年 ふくの歯科 矯正歯科 開院

学位・資格

  • 歯科医師免許、歯学博士(東北大学 第489号)
  • 日本矯正歯科学会 認定医(第3653号)

所属学会

  • 日本矯正歯科学会
  • 東京矯正歯科学会

論文・学会発表

  1. 冨塚亮、金高弘恭、鈴木章裕、清水良央、浦山佐知子、五十嵐薫
    新たに開発された矯正治療用磁石の初期荷重の大きさが歯周組織の反応に及ぼす影響
    第64回 日本矯正歯科学会(平成17年10月12-14日、横浜)
  2. 金高弘恭、鈴木章裕、冨塚亮、浦山佐知子、五十嵐薫、山本照子
    超精密鏡面加工による純チタン製口腔内用ミラーの開発
    東北大学歯学雑誌 25: 34-40, 2006.
  3. Urayama S, Tomizuka R, Kanetaka H, Shimizu A, Takano-Yamamoto T, Igarashi K
    Effects of Gradually Increasing Force on Orthodontic Tooth Movement
    International Association for Dental Research(June 28-July 1, 2006, Brisbane, Australia)
  4. 浦山佐知子、金高弘恭、冨塚亮、鈴木章裕、清水良央、細田秀樹、山本照子、五十嵐薫
    SMAワイヤーを利用した顎整形力負荷がラット矢状縫合に及ぼす組織形態学的影響
    第65回 日本矯正歯科学会(平成18年9月13-15日、札幌)
  5. 金高弘恭、鈴木章裕、冨塚亮、浦山佐知子、五十嵐薫、山本照子
    超精密鏡面加工による純チタン製口腔内用ミラーの開発
    第65回 日本矯正歯科学会(平成18年9月13-15日、札幌)
  6. 冨塚亮、金高弘恭、鈴木章裕、浦山佐知子、清水良央、五十嵐薫、山本照子
    小さな初期加重から漸増する力を用いた矯正学的歯の移動における組織学的評価
    第65回 日本矯正歯科学会(平成18年9月13-15日、札幌)
  7. Tomizuka R, Shimizu Y, Kanetaka H, Suzuki A, Urayama S, Kikuchi M, Mitani H, Igarashi K
    Histological evaluation of the effects of initially light and gradually increasing force on orthodontic tooth movement.
    Angle Orthodontist 77: 410-416, 2007.
  8. Kanetaka H, Shimizu Y, Hosoda H, Tomizuka R, Suzuki A, Urayama S, Inamura T, Miyazaki S, Takano-Yamamoto T
    Orthodontic tooth movement in rats using Ni-free Ti-based shape memory alloy wire.
    Materials Transaction 48: 367-372, 2007.
  9. Tomizuka R, Kanetaka H, Shimizu Y, Suzuki A, Urayama S, Takano-Yamamoto T
    Effects of initilally light and gradually increasing force on orthodontic tooth movement.
    Interface Oral Health Science 2007: 181-182.
  10. Urayama S, Kanetaka H, Shimizu Y, Suzuki A, Tomizuka R, Takano-Yamamoto T
    The effects of orthodontic forces with self-contained SMA appliance on cranial suture in rat.
    Interface Oral Health Science 2007: 353-354.
  11. Kanetaka H, Suzuki A, Tomizuka R, Urayama S, Takano-Yamamoto T
    Development of a new ultra-precision-polished pure titanium mirror for dental treatment.
    Interface Oral Health Science 2007: 355-356.
  12. Tomizuka R, Kanetaka H, Shimizu Y, Suzuki A, Urayama S, Takano-Yamamoto T
    Effects of initially light and gradually increasing force on orthodontic tooth movement
    The 2nd International Symposium for Interface Oral Health Science (Feb 18-19, 2007, Sendai, Japan)
  13. Urayama S,Kanetaka H, Shimizu A, Suzuki A, Tomizuka R, Takano-Yamamoto T
    The effects of orthopedic forces with self-contained SMA appliance on cranial suture in rat.
    The 2nd International Symposium for Interface Oral Health Science (Feb 18-19, 2007, Sendai, Japan)
  14. Kanetaka H, Suzuki A, Tomizuka R, Urayama S, Takano-Yamamoto T
    Development of a new pure titanium mirror for dental treatment by ultra-precision mirror polishing
    The 2nd International Symposium for Interface Oral Health Science (Feb 18-19, 2007, Sendai, Japan)
  15. 金高弘恭, 清水良央, 細田秀樹, 冨塚亮, 鈴木章裕,浦山佐知子, 稲邑朋也, 宮崎修一, 山本照子
    ニッケルフリーチタン基形状記憶合金を利用したラットの矯正的歯の移動に関する研究
    日本金属学会雑誌 72 503-509: 2008.
  16. 福野佐知子
    メカニカルストレスが負荷された骨縫合におけるCTGFおよびOsteopontinの役割
    -間葉系幹細胞動態とメカニカルストレス伝達への関与∹
    東北大学歯学雑誌 29 T1-10: 2010.
  17. 竹下信郎、長谷川正和、佐々木紀代、関大輔、宮下俊郎、高野郁子、宮島悠旗、福野佐知子、山本照子
    牽引力はCTGFシグナルを介して頭蓋縫合における血管形成を促進する
    第72回 日本矯正歯科学会(平成25年10月7-9日、松本)
  • 削らない虫歯治療
  • 歯を失ってしまった方
  • 保護者の方へ
  • 唾液検査
  • 料金表
  • よくある質問
  • “予防歯科”
  • ホワイトニング

ふくの歯科・矯正歯科

042-741-8080
〒252-0314
相模原市南区南台6丁目19−7
「小田急相模原駅」北口より徒歩7分
診療時間
9:00~13:00
14:30~18:00
  • 土曜、日曜の午後は14:00~17:00
  • 日曜は月1回のみ診療(主に第2週)
  • 日曜診療の翌日月曜は振替休日
  • 診療科目 一般歯科・小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科
GOOGLE MAP で見る
WEB予約WEB予約
ページトップ

© FUKUNO DENTAL CLINIC